about_header

Ayuriceディレクター 加藤安子Yasuko kato

photo_kato

Profile

合同会社ラムタフ ビューティ&ヘルスケア事業部ディレクター
with YOGA academy代表・講師

長年の人材育成のノウハウを活かし、ヨガ指導者育成事業を主宰。自ら講師を務める。
スタジオやスポーツクラブ、リラクゼーション施設等に対して、ヨガを取り入れた健康美プログラムの開発・人材育成などのコンサルティングや、イベントの企画・運営サービスを提供している。また、健康をテーマとした企業向け講演や健康番組、女性誌やヨガ情報誌などメディアに多数出演。ヨガやフィットネスを通して、「ココロとカラダ、人と人、人と社会をつなぎ、健やかで、美しく、豊かな未来を創造する」ことをミッションに掲げ、活動中。

Profile

皆様、身土不二(しんどふじ)という言葉をご存知でしょうか?

「人と土は一体である、人の命と健康はその土と共にある」という意味で、人の身体は、住んでいる土地や環境と密接に関係しており、その土地の自然に適した旬の作物を食べることで、健康に生きられるという考え方です。

私が自信を持って提供するAyurice(アユリス)は、近江湖北地方(滋賀県木之本町)や丹波篠山(兵庫県)の豊かな自然風土と、生産者の方々の愛情によって育まれた無農薬栽培の農産物を使用した「お米」のブランドです。

日本人が生きていく上で「お米」は健康の基礎であり、生きる力・元気の源となるものです。私たち日本人は経済的にも豊かになりましたが、ライフスタイルや環境の変化に伴って食の生活習慣が変わった結果、さまざまな問題も生じているのは確かです。

そこで、私たちAyuriceメンバーは、日本古来の自然風土が残る地域で育まれた農作物を用いて、身土不二の考え方を現代でも甦らせたいと考えました。

サンスクリット語におけるアーユス(命)とライス(米)を組み合わせた「命の米」は、そんな願いを込めた商品です。

手に取っていただく皆様が、大きな愛と沢山の笑顔で包まれることを願って。

Ayurice商品開発・プロモーション担当 小沼梨沙Risa Onuma

photo_onuma

Profile

管理栄養士。
医療・栄養・食分野専門のマーケティング支援、コンサルティングサービスを行うLotusTable(ロータステーブル)代表。
食材宅配会社にて糖尿病や腎臓病食の開発、栄養相談業務に4年間従事。その後、医療系企業での企画営業、事業開発業務を7年間行い、2012年独立開業。

Profile

農産物のブランディングにあたり、大切にしていることは「おいしい」「うれしい」を心の底から感じて頂くことです。Ayuriceは、お米が主役の新ブランド。日本人にとって身近な「お米」に、さまざまなエッセンスを加え、皆さまの美と健康をサポートいたします。

“米からはじまる、心と身体、命をつなぐストーリー”
これが、Ayurice商品のコンセプトです。
ヨガインストラクター加藤安子さんによるディレクションのもと、自分自身と大切な人のために贈る商品とメッセージ。
Ayurice商品を通じて、ひとりでも多くの方が健康で快適な暮らしを送ることができますように。

Ayurice総括アドバイザー 北浦佳幸KItaura Yoshiyuki

photo_kitaura

Profile

1953年、出雲の国に誕生。その後浪速の国を経て、花のお江戸へ移り住む。
大手電気会社(ソニー)に就職。
入社後は、放送局ビジネスに従事し、製造工場の技術指導、海外エンジニアのネットワーク組織創り、商品のマーケティング/ビジネス開発にもキャリアを拡大。
約40年間の勤務を経て2013年末退職し、農業生産者と消費者をつなぐ商品作りと販売を手がけるLotus Dreamers (ロータスドリーマーズ)を設立。

Profile

ソニーには、技術者として入社しました。最初は国内業務を行っていましたが、大半は海外オペレーションを中心に仕事をしてきました。業務を通じ、沢山の海外の人達とのビジネス・プライベートの交流の中で、様々な価値観を知り、自分の視点を広く大きくすることができました。

ロータスドリーマーズの重要なパートナーである滋賀県の農事組合法人「夢ファームせんだ」とは、15年以上前からお付き合いをさせて頂いています。友人関係にある副理事長の木村さんとは、ソニー時代に仕事で大変お世話になり、その後共通の話題である「農業、食」の発展に少しでも貢献出来ないかと、これまで何度も議論を重ねて来ました。

退職を前にして、管理栄養士の小沼さん、ヨガのインストラクターの加藤さんと知り合うことができ、「農業、食」にどのように貢献できるかということが具体的に見えて来ました。お二人のこれ迄の経験と実績から、栄養面と健康面での視点でより善い農業商品開発を行うことが出来ると確信しています。そしてそれらの商品を農家の方々と協力して、最善の環境で生産し供給してまいります。

私達は、ロータスドリーマーズを立ち上げ、より善い商品を安心・安全に供給する農業生産現場と、健康を大切に思っているマーケット・消費者をしっかりと結びつけていきます。この結びつきは、決して一方通行ではありません。お客様の求めに応じて商品開発を行い、生産し供給して行く双方向性をもった取り組みです。人の思いをネットワーク化し、善きエコシステムを実現していきます。

農事組合法人夢ファームせんだ 副理事 木村喜久治Kikuji Kimura

photo_onuma

Profile

1956年、滋賀県北近江の千田村(現在の木之本町)に生まれる。
幼少時代から両親とともに農作業に従事し、生粋の農業人として育つ。現在、会社勤めをしながら、兼業農業人として活動中。

Profile

私が育った滋賀県にある木之本町は、日本海側の荒々しい気候と太平洋側の優しい気候がぶつかる地域で、その気候変動が農業産物に豊かな栄養を与え、様々な農産物に恵まれた地域でもあります。自然風土、歴史的遺産の中で、私たちの農業は、長い間先祖代々脈々と受け継がれ、今日に至っております。

そして、私のもう一つの故郷は、兵庫県丹波篠山です。ここには、私の親類縁者がおり、代々お米屋、「阪本屋」を営んでいます。丹波篠山で作られる品質の良いお米を中心とした農産物を長きにわたりお客様に届けてきました。

丹波篠山は、盆地特有の寒暖差のある気候を特徴としています。この特徴を生かした丹波黒大豆の生産が全国的に有名です。この地域の田や畑は、盆地の低い山々から直接水が供給され、山の栄養を沢山含んだ水に豊かに潤されています。豊かな自然環境に育まれた安心で安全な農業生産物が作られています。

Ayurice商品を通じて、無農薬栽培を中心とした、環境に優しくお客様の健康を大切にする農産物を、お届け致します。

私の故郷である滋賀県近江の湖北地方と、兵庫県丹波篠山から心を込めて。